検査

<ケニ太郎日記> 

2016年9月2日 

 

--

先日、リンゴをかじったら、血がでてきた。

それで、かーちゃんが病院に連れて行ってくれた。

 

あの、明るい先生が、今日はむずかしい顔をしている。

おいら、心臓がどきどきしてきた。

汗にならない、汗がでてきた。

 

先生は、視線を天に向け、告げた。

「癌が再発しています。」

 

先生曰く、

「白血球も下がって、たいへん危ない状態。

 手術はできず、放射線治療も抗がん剤も、体力的には無理。

 長くて、あと6ヶ月だろう。」

 

手術をしてから、1年10ヶ月だ。

2年したら、完治といわれていたのに、あと、2ヶ月で。

 

おいらも、思わず、天を仰いでしまった。

 

 

| | コメント (0)

あび散歩

<ケニ太郎日記> 

2016年9月吉日 

 

--

最近、色の違いこそあれ、チーナとアビーが似ているとよく言われます。

お互い、小柄からでしょうか。

 

でも、性格などみると違う点がいくつかあります。

ひとつは散歩。

 

チーナはお嬢様?だったのでしょうか、近所のお散歩の時、

トイレを大きいほうも、小さいほうも、まったくしません。

それで、おうちに帰ってからします。

 

アビーは、お散歩のとき、大きいほうも、小さいほうも、します。

 

我が家では、これを

「アビのミックス」と言います。

 

トイレシートを使わなくよいので、経済効果は少しだけあります。

                               <おしまい>

| | コメント (4)

ホーヤ

<ケニ太郎日記> 

2016年8月22日

今日も、ワンコはでてきませんので、読み飛ばして下さい。

--

朝、目が覚めると、雨が降っていた。

朝食を食べに行った。

ここのホテルの朝食は、サルバトーレクオモだ。

 

Dscn5128

 

Dscn5131

部屋に戻り、テレビをつけたら、

台風が接近しているという。

それで、午前中、築地市場に行く予定を中止にした。

で、どこに向かったかというと、ちな婆のお姉さんが保谷というところに住んでいる。

しかし、御主人(おじさん)が寝たきりになってしまって、今回の富士の演習には

参加できなかったので、ちな婆のリクエストで保谷に会いに行くことになっていた。

(おじさんは、どうやら、ボケがきていて、お姉さんは看病疲れをしている様子である。)

 

台風ということもあり、少しでも荷物を軽くしようと、一眼レフカメラも

宅急便で送ることにして、ホテルを出発した。

 

保谷に近づくにつれ、どんどん、雨や風が強くなってきた。

保谷につくと、横からのものすごい風雨だ。

ちな婆は、お姉さん家に行ったことがあるので、どうやって行くのかと聞いたら、

駅の表からバスに乗るという。

しかし、表って、どっちだろう?北?南?東?西?

迷いながらもなんとかバスに乗ることができた。

バスを降り、ちな婆に道を聞くと、大きな家のところを曲がるという。

「大きな家ってどこにあるのよ」と、ちなぱぱも声をあらげてしまった。

その時には、もう、服も靴もびしょびしょで、傘も飛ばされそうな状況だった。

結局、電話してお姉さんに迎えに来てもらうことになった。

家に到着し、とーちゃんは服を着替えた。

服を着替える部屋に、おいらとチーナの写真が飾られていた。

おそらく、ちな婆が送ったものに違いないが、きちんと飾ってくれていて、

とーちゃんは、申し訳ない気持ちになった。

着替えが終わり、おじさんに挨拶した。体は元気そうだったが、

ボケがきているようで、あまり、わかっていないようだった。

それから、とーちゃんは、今日、北九州への飛行機が飛ぶのか、

旅行会社やJALに電話をするのだけど、全然つながらない。

ちな婆とちな婆のお姉さんの話は、数時間続いたが、

ほとんどが、小学生のころの話だった。75年以上も前の話だ。

 

テレビで見ていたリオの閉会式も終わり、

とりあえず、羽田に行ってみようと、出発した。

お姉さんが、大量の赤飯を持たせてくれた。

お姉さんがバスまで送ってくれた。

別れ際に、お姉さんがとーちゃんに向かって、

「(ちな婆を)連れてきてくれてありがとう、ありがとう」と言って

泣かれていた。

ちな婆に会えたことが、とてもうれしかったようだ。

それから、

「私って、ちっちゃいころから、泣き虫だったの」とお姉さんが言った。

びしょびしょになったけど、保谷まできてよかったかなと

とーちゃんは思った。

 

結局、旅行会社には連絡がとれないままで、ちな婆が早く帰りたいというので

羽田には行かず、品川から新幹線で帰ることにした。

 

【本日の一枚】

お姉さんとおじさんの笑顔の写真。

とーちゃんにしては、上出来の写真である。

Dscn5142

 

                         <おしまい>

| | コメント (0)

ロッポンギ

<ケニ太郎日記> 
2016年8月21日⓶
 
今日も、ワンコはでてきませんので、読み飛ばして下さい。
 
--
富士の総合火力演習の後、道路は混むかもしれないのでと、
兄から、富士のローカルなJR駅近くで車を降ろされた。
それから、列車を待つこと約1時間、、、車のほうが早かったんじゃないかと。。
 
そして、ようやく東京に到着し、チェックイン。
ちな婆が、銀ブラ(ブラジルコーヒーではなく、ぶらぶら)したいというので、
銀座をぶらぶら。
Dscn5103
 
で、東京に行ったら、どこに行きたいかと、事前にきいていたところ、
おかまのお店に行きたいと言う。
 
とーちゃんは、新宿2丁目なんて知らないし、そんなとこ行ったら、
ぼったくられるかもしれないので、
ニューハーフのショーにすることにした。
六本木の「金魚」のショーがよいと聞いていたので、
とうちゃんは、勉強がてら、「金魚」に行くことに。
 
はじめ、はとバスで行くことにしていたが、
いろいろ考え、個人で予約しておいた。
 
Dscn5109
ショー前から、ダンサーさんが代わる代わる、挨拶に来られた。
ショーも噂どおり、とても素晴らしいもので、
ダンサーさんたちも、すごく一生懸命で、感動的で。
東京に行ったら、正直、また行ってみたいと思ったらしい。
 
ショーが終わり、これも事前予約しておいたのだが、
ダンサーさんたちと、ちな婆で集合写真を撮っていただき、
とても、思い出ぶかいものになった。
 
調子のよくなった、とーちゃんは、それから、銀座のビヤホール ライオンで
しこたま、大好きなビールを飲んだ。
 
 
とーちゃんには、空の雲行きが、だんだん怪しくなってきているのを
気づくことはできなかった。
                                     <つづく>

| | コメント (0)

フジ

<ケニ太郎日記>  2016年8月21日①
今日も、ワンコはでてきませんので、読み飛ばして下さい。
 
--
 
早朝、平塚に住んでいる兄家族がホテルまで迎えにきて
富士に向けて、出発した。
 
富士のある場所で、親戚たちが集合した。
そこに、自衛隊の係りの人がやってきて、
車、1台、1台に、VIPの札を掲げ、
係りの人の誘導のもと、出発した。
 
 
到着したところは、富士の自衛隊演習場だ。
 
実は、とうちゃんのいとこ(ちな婆の妹の息子さん)が、
自衛隊で大出世をして、陸将補になられた。
そして、富士総合火力演習を主催する富士教導団のトップになられたので、
今回、その予行演習に招待されたのである。
 
 
演習はたいへん迫力のあるものであった。
 
Dsc_1071
 
Dsc_1112
 
Dscn5080
 
Dsc_1075_2
 
Dsc_1078
 
Dsc_1079_2
 
Dsc_1103
 
 
それから、とーちゃんたちは、親戚の人たちと別れ、東京に向かった。
                                      <おしまい>

| | コメント (0)

ヨコハマ

<ケニ太郎日記> 
2016年8月20日
 
今日も、ワンコはでてきませんので、読み飛ばして下さい。
 
--
富士のほうで、とーちゃん方の親戚の集まりがあるとやらで
とーちゃん(ちなぱぱ)と、ちな婆(とーちゃんのお母さん)は
そちらに向かった。
(かーちゃんは、おいらたちがいるので、お留守番です。)
 
まず、北九州空港から羽田空港へ飛行機へ。
 
Dscn5021
 
 
羽田から、横浜へバスで向かった。
 
 
ランチは中華街へ。
 
Dsc_1057
 
お店は、萬珍楼を予約しておいた。
 
 
Dscn5055
 
その夜は、箱根で一泊した。
                          <つづく>

| | コメント (0)

ベースボール

<ケニ太郎日記> 
2016年6月29日
 
今日は、ワンコはでてきませんので、読み飛ばして下さい。
 
--
それは、数年前、博多全日空ホテルで、とーちゃんの会社の講演会があった。
どなたの講演会かというと、侍JAPAN監督の小久保さんだ。
講演会のアポをとったのが、監督就任前だったので、
とーちゃんの会社みたいなところにも来てくれたんだろう。
 
小久保さんの話で、レギュラーになる人となれない人の違いというのがあった。
 
そんなビジネスでも役立つようなことを情熱をもって話された。
小久保さんは、講演会に来た人たちに、
なにか(ためになることを)持って帰ってもらおうと一生懸命だった。
 
とーちゃんも、いろいろな講演会を聞く機会があるが、
かなり、いい講演会だったと言っていた。
 
小久保さんは、ものすごい読書家だ。読書に関しても、
とーちゃんは、小久保さんに大きく負けている。
 
とーちゃんは、小久保さんの「一瞬に生きる」という本を購入した。
本は面白かったらしく、とーちゃんは、知人にその本を配っていた。
とーちゃんは、その本の中で、小久保さんが紹介していた本は、
Amazonなどで中古を購入し読んだが、さすがに、水滸伝だけは、
量が多いので、読むべきかどうか迷っている。
 
--
 
話は、2016年の6月29日にもどる。
とーちゃんの会社に出入りしている営業の人が、お中元と言って、
ホークスの観戦チケットを持ってきた。
 
せっかくなので、とーちゃんは行くことにした。
(かーちゃんは、お留守番。)
当日は、会社を早めにあがって、地下鉄でむかって唐人町駅で降りた。
地下鉄を降りるとホークスの応援歌が流れていた。
 
 
 
 
 
Dscn4888
 
Dscn4891
 
ここ唐人町は、30年ぐらい前に、とーちゃんが住んでいたところだった。
九州場所の時、よく朝潮とかを見かけてたそうだ。
そういえば、西内まりやも この辺の出身らしいが、とーちゃんが住んでいたころは
まだ、産まれていなかっただろう。
 
 
Dscn4894
で、ヤフオクドームです。
ちなみに、ここでは、とーちゃんは、ホークスを勝ったのをみたことがありません。
 
Dscn4906
 
 
Dscn4936
 
 
野球は、7回時点で6対1でまたしても負けています。
とーちゃんは、帰ろうかなっと思いましたが、
北九州行きの直通バスは、試合が終わるまで出発しないのです。
 
 
 
Dscn4941
 
すると、それから、まさかまさかの同点、そして延長
Dscn4934
で、今宮選手のタイムリーで勝ったのです☆
 
Dscn4960
 
Dscn4962
とーちゃん、ドーム初勝利です。
やはり、最後まで、あきらめないって、大切ですね。
                                   <おしまい>

| | コメント (0)

紫陽花 (久留米編)

<ケニ太郎日記> 
2016年6月18日
--
Dsc_0705
 
おいらとアビーが、あまりにも、ぼさぼさだったので、カットに行った。
その翌日、久留米の千光寺に行った。
ここは、一年前、チーナと行くはずだったが、実現できなかった。
 
 
Dsc_0669  
 
「欲少」とは、、、、まさに、そうなりたいものだ。。。
しかし、さいとう一人さんに言わせれば、
欲があるから、生き生きとし、長生きするということでもある。
 
Dsc_0753
 
 
Dsc_0748
 
 
 
 
Dsc_0682
 
Dsc_0695
 
 
 
 
Dsc_0712
 
 
Dsc_0723
 
Dsc_0738
 
Dsc_0756
 
 
 
そろそろ、次に向かいましょうか。
Dsc_0761
 
 
Dsc_0749
 
 
 
そして、ランチでシェポールへ
ここは、おいらたちも室内OKです☆
 
Dsc_0772
 
Dsc_0786
 
 
それから、筑前の小京都、秋月へ
 
Dsc_0835
 
 
 
Dsc_0806
 
 
Dsc_0812
 
はい、ポーズ。
 
Dsc_0817
 
 
【本日のにゃんこ】
 
 
秋月でみかけた、にゃんこ
 
 
Dsc_0800
 
Dsc_0801
                              <おしまい>
 
 
 
 

| | コメント (2)

紫陽花 (箱崎宮編)

<ケニ太郎日記> 
2016年6月11日
--
去年の今頃、チーナと紫陽花を見に行こうねって言ってたのに、
実現できませんでした。
 
アビーもようやく、歯の矯正が終わったので、
みんなで、箱崎宮に行きました。
 
Dsc_0657
 
ここは、勝負の神様?なので、
ホークスの人たちもお参りに来ます。
Dsc_0660
日本一ではありません。世界一です。スケールが大きいですね。
 
で、アビーはといえば、歯の矯正中はカットにも行けず、
原始人のようにボサボサです。
Dsc_0511
 
さて、紫陽花園です。
ここは、いろいろな種類の紫陽花が咲いています!
 
Dsc_0557
 
Dsc_0523
 
天気はいまいちですが、おばちゃんたちがいっぱいです。
あっ、かーちゃんもおばちゃんだった。
でも、もうちょっと、先輩のおばちゃんたちです。
Dsc_0538
 
Dsc_0532
 
 
 
とーちゃんは、どうやら花に夢中のようです。
 
 
 
Dsc_0521
 
 
Dsc_0549
 
 
Dsc_0583
 
Dsc_0566
 
Dsc_0545
 
Dsc_0590
 
Dsc_0634
 
ようやく、天気がよくなりました。
 
Dsc_0638
 
Dsc_0652
 
Dsc_0651
 
また、来年、来れたらいいね
 
Dsc_0649
 
かーちゃんは、鉢植えの紫陽花を買って帰りました。
                                              <おしまい>

| | コメント (0)

エリザベスの終焉

<ケニ太郎日記> 
2016年6月10日
--
 
そういえば、アビーの先生が、
「歯の矯正に、最低、20万円かかります。
 でも、それで、治るかどうかわかりません。ヒヒヒヒ。」というのを
思い出してしまった。
 
 
そう、また、アビーの矯正冶具の糸がはずれてしまったのである。
 
先生に相談したら、
「もう、外しちゃいましょうか。ヒヒヒヒ」
 
それで、6月10日に手術で、冶具を完全に外すことになった。
 
 
手術には、とーちゃんもつきあったが、おいらは、家で留守番だった。
 
アビーを病院に預けた後、とーちゃんたちは、宇部の動物園で時間をつぶした。
おさるさんをみてるだけで、すぐ時間がたった。
 
 
で、時間になったので病院に行った。
アビーの手術は成功とのこと。
 
歯も、問題ないぐらいに開いているらしい。
かみ合わせも大丈夫とのこと。
 
これで、アビーのエリザベス(カラー)時代は終焉を迎えた。
そして、かーちゃんの、毎週、70km離れた病院への通院も終止符をうった。
次回の検査は12月とのこと。
 
それから、アビーのストレス発散?のため、常盤公園に行った。
そういえば、カバンにリコーのコンデジを入れているのを思い出した。
 
R1012118
 
もう、あじさいの季節になったね。
 
 
R1012129
 
R1012137
 
R1012144
 
R1012153
 
 
R1012158
 
 
今日から、アビーは、エリザベスカラーをつけずに寝ることができるんで、
おいらも、ちょっこし、安心した。
アビーは、エリザベスカラーをあっちこっちにぶつけてたもんね。
アビーのこと、心配してくれた皆さん、ありがとう。
 
R1012169
 
                                <おしまい>

| | コメント (0)

«CHAR